Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛と復讐の挽歌/野望編 ['87 香]

<<   作成日時 : 2006/03/23 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】江湖情
【監督】テイラー・ウォン
【出演】チョウ・ユンファ
     アラン・タム
     アレックス・マン

画像

 タイトル的に「男たちの挽歌」の番外編みたいなものかと思われがちだが、男の友情があるのは同じだけど内容的には全く違う。まずユンファが登場するまでに30分ぐらい要する。マン演じるユンとアンディ・ラウ演じるマコが中心となって描かれて、それにタム演じる親戚・マックが加わる。マフィアのちょっとした抗争があるのは日本の任侠映画に似ている。銃撃戦と言えるのは中盤だけで後はアクションが抑え気味。だからと言って恋愛もないに等しい。ユンが徐々に仲間を裏切って暴走していく訳だが、ユンは勿論敵方マフィアとも決着が着かないまま終わっているのが後味悪い。ユンは2人の殺人と殺人未遂を犯しているのに刑が6年というのは余りにも軽すぎる。邦題に騙されそうだが、決して復讐劇ではない。最初はボスと話すのも凄い緊張して意気地のなかったマックが、最後は命を賭すほどの大活躍。
 敵側のボスが銃撃戦などの戦いには全く参加せず(部下任せ)、最後は海外に逃亡って1番情けない存在じゃないか!?。
 ユンファ演じるマフィアの部下役には『男たちの挽歌U』でユンファと敵対した役柄を演じたキャストが2人も出ている。マフィア映画の常連か?。しかし登場するお互いのマフィアはお互いと決別したいのか、協力したいのかどっちなんだ!?。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛と復讐の挽歌/野望編 ['87 香] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる