Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS U.S.ソルジャーズ ['00 米]

<<   作成日時 : 2006/03/07 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】The Substitute : Failure is not an Option
【監督】ロバート・ラドラー
【出演】トリート・ウィリアムズ
     アンジー・エヴァーハート
     パトリック・キルパトリック

画像

 『野獣教師』シリーズ第4弾だがシリーズでも観たのはこれが初めて。特に前作からの続編という感じでもなかったのでこれが初めてでも充分に観れる。今回の敵は「オオカミ団」。”オオカミ団”と言うネーミングだけだと何処かのテロ組織みたいな感じだが、そうではなくウィリアムズ演じる主人公が勤める事になる陸軍士官学校の優秀生徒の集まり。ただ、指揮官に韓国人が居たり、学長が総長だったりと怪しい雰囲気は醸し出している。更に白人至上主義で白人以外(特に黒人)を嫌っている。その為に黒人が運営している工場などを爆破したりする。陸軍士官学校そのものは普通の校則が厳しい学校で、ちゃんと女生徒もいるし黒人もいる。オオカミ団は若干今で言う北朝鮮の軍に似ている。
 主人公は余りやられる事がないので安心して見れるが、オオカミ団の後を付いて行ってる割には全ての行動を見てるだけで何もしないのでそこはイライラした。ヒロインがウィリアムズを監視する為に恋人になっていたという設定は中盤ぐらいから予想できてしまう。ヒロインと主人公の様子を毎回チラチラ見ていた男性は最初善悪の区別が付かず。でも中盤で味方だと判明し彼も元軍人。やられ役に見えたのに、逆に敵を粉砕していた。彼が除隊された原因が「人を殺しすぎた」と言うエピソードは悪役に必要な気がする・・・。
 ラストでオオカミ団の団長と決着を付けたのはウィリアムズではなく、1人の団員と士官学校生徒達でした・・・。まぁ団員と言ってもオオカミ団で活動しない時は士官学校の生徒ですが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U.S.ソルジャーズ ['00 米] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる