Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS カンニング・モンキー/天中拳 ['78 台]

<<   作成日時 : 2006/08/13 13:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】一招半式闖江湖
【監督】チェン・チー・ホワ
【出演】ジャッキー・チェン
     クム・チン・ラン
     ジェームズ・ティエン

画像

 実力がない癖にやたらと強がる青年。何だか古いカンフー映画は皆物語構成が同じ気がする。そして偶然カンフーの上手い師匠のような年輩の人に出会い、カンフーを教えてもらって事件に巻き込まれてその事件の首謀者達を倒す・・・みたいな。この作品も然り。
 字幕が手書きな上に読み難い。何といっても中国でしか使われないような中国語の漢字もカタカナや平仮名にする事なくそのまま字幕にしてるので、漢字の読めない人泣かせな字幕になっている。一応難しい漢字にはルビが振ってあるが、元々読み難い字幕なのでルビなどの更に小さな字が見えるはずもなく意味がない。更に思いっきり日本向けの日本人にしか分からないような字幕の付け方をしていて、台湾映画なのに字幕では関西弁になっていたりするし、「一本足打法」「オール阪神巨人」「アデランス」等が普通に字幕で登場する。何だか翻訳者が強引に字幕で笑わそうとする感じが垣間見える。
 目の前で賞金首が殺されて同時に賞金稼ぎも死んだ事から賞金稼ぎに成り済まし報酬を得る青年。強がるだけではなく名誉まで横取り。序盤は結構この青年の行動が腹立たしい。中盤でふざけているように見えて実は師匠の愛弟子と言う男に拳法を習って少しはまともになるものの、まだ強がってる状態なので中盤の青年の闘いは何だか情けない。
 物語の主体になるのは師匠の知り合いの男が持つという2つの秘薬。これを狙って山賊と盗賊が襲い掛かるが最初は山賊と盗賊も敵同士なので山賊と盗賊の戦いも見られるが、終盤では手を組んで襲い掛かってくる。
 やはり終盤は散らばった武術書を”カンニング”しながら闘う青年とか仲間と、盗賊&山賊の出演者全員集合戦闘。で、「敵を欺くにはまずは味方から」と言う事で2つの秘薬も実は存在しなくて、盗賊と山賊を退治する為の口実だったというオチ付き。
 まぁ確かに秘薬の名前は出て来るけど物体そのものは一切出て来ないし・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンニング・モンキー/天中拳 ['78 台] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる