Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS アマゾンズ/黄金伝説 ['78 米]

<<   作成日時 : 2006/08/15 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】Gold of the Amazon Women
【監督】マーク・L・レスター
【出演】ボー・スヴェンソン
     アニタ・エクバーグ
     ドナルド・プレザンス

画像

 冒頭からいきなり都会で何者かを弓で狙うアマゾンズが登場するが、ターザンの格好をした女性が都会に現れる時点でかなりの場違いで違和感を感じずには居られない。黄金の7都市の地図を受け取った男性が、相棒と共にアマゾン奥地へと進む訳だが、アマゾンに行くまでにも麻薬王に命を狙われたりする。
 奥地に入って民族の敷地に入り、僅か数分で友好状態になったり、喧嘩を始めても誰も止めようとせずただジッと見詰めているだけ。でも翌日にはその男性が案内係となって一緒に旅をする事になったりする・・・。でも案内係のこの男性は毒蛇に噛まれて早くもご臨終。でもこんな事よりも謎だったのは、ジャングルの奥地なのにドンピシャで見つけて銃撃してくる悪党ヘリ。ジャングルの奥地で一瞬で標的を探し出すとはGPSでも着けないと不可能に思える・・・。
 男性と相棒は今度は女性だけの部族・アマゾンズに捕まる。でも1人のアマゾンズのメンバーを危機から助けた事から解放。なんせアマゾンの奥地に住む部族で都会がどんなものかは知らない。女が男を奴隷として扱っている部族なので女と男で友情関係になる事も禁止されているし、考えてもいない。蜂じゃないが女王も存在する。男性達とアマゾンズが手を組んで黄金都市を目指すところは何だか普通の世間知らずな旅人な感じ。
 悪党側が先に黄金都市に着くんだけど、今度は首刈り族に捕らえられる。普通悪党と言うものは捕まっても逃げるチャンスをうかがっているものだが、この悪党は無茶苦茶素直。男性から地図を奪う時も眠らせて奪って去っていって縛るような事もしないし、首刈り族に捕らえられても黄金の配分を多くして解放するように頼み込むし、最後は普通に警察に捕まってるしで一切抵抗しない。逆に言えば、首刈り族との戦いはあってもこの悪党との戦いは無いに等しい。ただ、女王しか知らないという黄金都市なのに何故地図があって何故他人が持っているのか・・・。今で言う機密情報漏洩状態になっている。でも7つも黄金都市があるとか言いながら1つしか出て来なかったけど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アマゾンズ/黄金伝説 ['78 米] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる