Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒鷲の砦 ['79 ユーゴ]

<<   作成日時 : 2006/09/11 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】Partisan Squadron
【監督】ハイルディン・クルヴァヴァック
【出演】ベキム・フェーミュ

 戦闘機×馬と歩兵隊じゃ勝ち目はない気がするのだが、主人公の属する部隊には航空隊がない。そこで航空隊を作る事に。全てが最初からなので飛行機は勿論、爆弾も機銃担当が自ら目的地に落とす自作もので、飛行場もないので広い敷地に滑走路のような形に火を点けての自作。飛行機は僅かに2機。序盤こそ余裕でドイツ軍に立ち向かってるが、敵軍が黙ってるはずもなく、こちらの秘密基地を推理して攻め込んでくる。
 敵機の確認が目視だけだったり秘密基地の場所を何も装置がないので地理に詳しい人に聞いたり(しかも予想)自動操縦がないので余程操縦の上手い人しか戦闘機に乗れなかったり・・・と何だかローテクな所は時代を感じる。
 「敵に勝つにはまずは制空権」ってバスケットボールの教訓のような感じだが、幾らなんでも僅か2機で大群の敵機と戦うのは無理があるが量×質(技術力)の勝負になっている。機銃弾切れで最後は狭い崖を逃げ切ってましたが。2機の戦闘機が敵軍に爆破されても敵基地から盗んだりして、しかも戦闘機の製作の部分などが省かれているので、知らぬ内に空中で隊列が組めるほどに増えていたりする。
 中盤にもなると完全に”戦争”と化していくので登場人物が次々死んで居なくなる。操縦の上手い人は結構無茶な飛行も繰り返して代表的だったのは”片輪着陸”と”胴体着陸”。
 終盤のナチス将校と少佐の空中一騎打ちは迫力があった。しかし何故戦争映画は子供が生まれたというような幸せな軍人は死ぬ運命にあるんだ?。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
荒鷲の砦 ['79 ユーゴ] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる