Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 運転手の恋 ['00 台]

<<   作成日時 : 2006/10/04 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】運転手之戀
【監督】チャン・ホアクン
【出演】宮沢りえ
     チゥ・チョンハン
     タイパオ

 タクシー運転手として個性的な客ばかりを乗せる男。タクシー強盗に遭った所でカメラ目線で家族紹介へと入る。タクシー運転手でありタクシー会社を運営する父、死体解剖や検死を行う母、幼い頃から実験が好きな妹・・・。家族もかなり個性的。
 タクシー強盗に遭ったと思えばしばらくはその場面が出て来ず家族との交流の場面になり、又しばらくしたらタクシー強盗中の場面へと戻るので、どちらが”今”なのかが分かりづらい。結婚に関しては後ろ向きな男に嫌気がさす親・・・と思えば、今度は何故か白いBMWに追われてのカーチェイス場面へと飛び、交通違反の取り締まりをする婦警が出て来たと思えば、BMWを巧く撒いた場面へと飛ぶ・・・のようにコロコロ画面変換さえかなりややこしい。何故か交通事故のシーンだけ変にリアルに映し出す。
 男は速度違反で違反切符を切られるのだが、この時に対応した婦警に一目惚れ。この時からこの婦警に会いたいが為に交通違反を繰り返す事に。ここからの男のやり方は観ていて腹が立ち、婦警に言いたい事を言えない癖に婦警の目の前で交通違反を繰り返す始末(一種のストーカー)。ただ、タクシーで交通違反を繰り返す事自体問題である。あとこれだけ交通違反を繰り返しているのに免許停止にならない不思議・・・と突っ込みどころも満載。嫌がらない婦警もちょっと腹が立つけど・・・。
 で、何だってこんな2人が結婚まで結び付いちゃうのか、それも分からない。交通違反を擁護してるような感じにも見てとれてしまう作品。

   <キャッチコピー>
ひ・と・め・ぼ・れ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
運転手の恋 ['00 台] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる