Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS 感染源/バイオハザード ['04 加]

<<   作成日時 : 2006/10/17 09:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】Deep Evil
【監督】パット・ウィリアムズ
【出演】ロレンツォ・ラマス
     オナ・グローアー
     アダム・ハリントン

画像

 テロの容疑を掛けられ軍に捕らわれた男性がある研究施設で起こった出来事を話し出す。研究施設が何かが原因で封鎖され14名の所員が閉じ込められてその人たちを精鋭特殊部隊で救助に向かう・・・。この序盤の展開はミラ・ジョヴォビッチ主演の『バイオハザード』と何か酷似している。しかも研究所はウィルス蔓延中なので部隊の装備もマスクに解毒注射・・・等と化学的な重装備。
 今回のエイリアンは意志を持つ水。でもネバネバしているので”水”よりも”アメーバ”か”飴”って言う感じだが。施設内は真っ暗で部隊は皆ヘルメットを着けているので誰が誰やらさっぱり分からずその場所が何処なのかも分かり難い。
 今回の敵である水滴エイリアン(PB-3と言う名称らしい)は所員などの人間にも化ける事が可能で隊員が油断した隙を狙い、隊員が行った行動なども即座に暗記する。ただ、ここで思ったのだが、水ならば何処へでも最初から行けるはずで施設内に閉じ籠もらなくても簡単に世界なんて征服できるはずだ。人間にも成れるって事は乗り物以外ならば何だって成れるだろうし・・・。しかもこのエイリアンは隕石が落ちてきた時に運ばれて来て、それを人間が軍事用に改良したモノなので半魚人型の新種も含まれている。何だか人間の自業自得な感も拭えない。大体こういう人類に影響を及ぼすモノは上層部が隠したがるのは同じ。
 施設内では本物の水とエイリアンの水の区別が付かない。あと隊員もエイリアンが化けてるのではないかと思ってしまう。
 施設の中枢部分を変異体エイリアンが守っていて遠隔起爆装置が壊されて手動(仕掛ける本人も巻き添えになる)しか使えなくなり1人の隊員が死を覚悟して向かうのだが、死を覚悟したならばやられても良いからサッサと仕掛ければ良いのに1体ずつと戦おうとして結局はやられている。隊員の殆どはよくよく考えればエイリアンにやられたと言うよりも行動の1つ1つが遅くてやられている自業自得な死に方ばかりだった気も。
 エイリアン対策に作られた武器もどう考えても”消火器”だし(煙の出方とか)。最終的にはエイリアンの勝利に。消火器みたいなのを作るぐらいなら冷却装置の方が効果的だったんじゃないのか?(火炎放射器とか)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感染源/バイオハザード ['04 加] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる