アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アクション・コメディ」のブログ記事

みんなの「アクション・コメディ」ブログ


バットマン ['66 米]

2006/10/11 15:13
【原題】Batman
【監督】レスリー・H・マーティンソン
【出演】アダム・ウェスト
     バート・ウォード
     バージェス・メレディス

画像

 80年代から作られるマイケル・キートン主演版とは違い、こちらはTV映画用に作られたものでオリジナル(原作漫画)にかなり忠実らしい。バットマンで有名なジョーカー、ペンギン、キャットウーマン、ナゾラーの歴代悪役たちが一堂に会し”悪党連合”として手を組む。設定的にはかなり豪華。但し、作りとしては小学生の学芸会レベル。
 オープニングからお馬鹿映画であることを予告していて、アクションよりもコメディ色の方が強い。バットモービルの前身・バットカーも車がコウモリ風に造られているだけで攻撃機能など何もない。バットヘリに乗り込む時も、ちゃんと空港まで出掛けてから乗り換えてヘリで直行と言う事をしない。でも梯子にまで”バット”の名前を付ける意味が分からなかったけど。
 時代を感じるというか全てがローテクで、バットマンは国民の英雄でもあるんだけど、バットマンが出掛けた後には何故か記者会見があって戸棚の後ろから出て来るTVも小さい。コスチュームも全く飛べる事が出来なくて、ただ素性を隠す為に着ているだけ・・・と言うのも面白い。
 ナゾラーの謎々は国民とかを混乱させる為ではなく、今から何をしようとしているかなどの予告を謎々で出すだけで謎々を解くのはバットマンとロビンなので国民関係なし。一応連合は世界征服を企んでるらしいけど、実のところ巻き込まれている国民は極僅かという平和設定になっている。
 ペンギンは何度も何度もバットマン&ロビンをあの手この手で狙うんだけど何だか毎回普通に失敗している。終盤では擬音語まで画面に現れるほどのコメディ色になっているので”戦っている”と言う実感が沸かない。最後にバットマン&ロビンが立ち去る時も普通に窓にロープを掛けてビルをロープを伝って下りていくのが今のヒーローでは考えられないので逆に新鮮感。
 数人の要人がある方法で誘拐される時もその現場にバットマン&ロビンが人が多いからと走って向かうのだが、人の居ない道路を走るのなら乗り物に乗って行けば誘拐される前に間に合ったのではと突っ込みたくなる事間違いなし!(しかも距離的に遠いし)。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダブルマックス ['04 タイ]

2006/10/02 09:10
【英題】The Bodyguard
【監督・出演】ペットターイ・ウォンカムラオ
【出演】プマワーリー・ヨートガモン

 序盤の展開は、アクションが『男たちの挽歌』で出演者が『マッハ!』(トニー・ジャーはまだ居ないが)な感じで、両方観ている私にとっては凝視感な感じ。その序盤で突如として命を狙われる会長は何で命を狙われているのかハッキリせず、最近のタイ映画お得意の「ストーリーなんかどうでも良い」って感じがプンプン漂う。そして、結局は被弾して死亡し、遺産を全額息子に譲渡すると書かれた遺言を残す。これが原因で今度は息子が命を狙われる羽目になる訳だが、これなら別に会長を病気とかで死なせれば良いのであって、銃撃戦を行う意味がなされていない。しかもこの頃から会長の存在なんてどうでも良くなっている。
 さて命辛々逃げた息子は田舎町の貧乏家に助けられる。この頃からコメディ色が強くなりアクションが一気になくなる。中盤はアクションがなく、男とこの貧乏家の娘の何気ないロマンスが中心になりかなり怠い。終盤でようやく命を狙っている組織が男と娘をスーパー内で人質を取って立て籠もるが、タイ警察とSWATの馬鹿ぶりを見せるだけ。でも逃げ遅れた客役としてトニー・ジャーがカメオ出演していて、出番さえ極僅かだが銃を持った組織相手にインパクトのあるムエタイを見せてくれる。少しだけ台詞で『マッハ!』ネタも・・・。
 終盤は会長殺しの黒幕との決戦になる訳だが、ワイヤーもふんだんに使われては居るが、戦い方はコメディで何だかジャッキー・チェンの映画を観ている感じ(チェンには勿論かなり劣るが笑いの要素が似てる点で)。その為にせっかく最終決戦の場なのに序盤のアクションの方がかなり迫力があった。
 会長の息子も最後は唐突に幸せを掴んだけど、何故自分の身分を隠し通す必要があったんだろう・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スー・チー in ミスター・パーフェクト ['03 香]

2006/07/17 15:36
【原題】奇逢敵手
【監督】リンゴ・ラム
【出演】スー・チー
     アンディ・オン
     サイモン・ヤム

 OPでまずはチー活躍のアクションが見られるが、このアクションが何を意味するのかは分からない。一応チーはこの時に捕まえるべき犯人を殺してしまいトラウマを持ってしまい、その後この犯人が時折夢の中に出て来る事になる。しかしそれだけ。実は邦題ではいかにもチーが活躍しそうな感じだが、アクション部分の主演はオンがやっていて、チーが戦うようなシーンはこの後は殆ど観られない。その為に別にトラウマがどうのとかは何の伏線にもなっていない。逆にチーの仲間である戦わない普通の男性陣がこれ又鬱陶しい。チーが仕事をしようとしたりすると、無駄に邪魔したりする(本人にはそんな意識はないが)。オンとヤムの終盤のアクション以外は結構この男性陣のお陰でイライラする事請け合い。
 ヤム演じる悪役はダンスのフットワークで相手を翻弄。車とバイクのチェイスを経てお互いのカンフーアクションになる訳だが、効果音が入るコメディ色も発揮。それでも中々のアクションを見せてくれる。ちなみに主演であるはずのチーは終盤数分のアクションシーンには一切登場しない。
 チーの『クローサー』並のアクションを期待するとかなり期待外れになる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カンフーハッスル ['04 中・米]

2006/06/11 15:09
【原題】Kung Fu Hustle
【監督・出演】チャウ・シンチー
【出演】ユン・ワー
     ユン・チウ
     ドン・ジーホワ

画像

 キャッチコピー通り有り得ないアクションが満載で香港映画お得意の”一般市民に見えて実は達人”が巧く採用されている。色々な拳法がCG使用で垣間見られるが、使われている技が『少林サッカー』に似たり寄ったりだったのは残念。如来神掌と言う技は実際は伝説の拳法らしく”伝説”と言う事は名前はあるけど実際に使った事のある人物を誰も見た事がない・・・と言う事。
 豚小屋砦での3つの達人と斧頭会(中国マフィア「蛇頭」の真似?)一員との対決、その3人と琴奏者の殺し屋、家主と妻の達人、火雲邪神など見所は多い。グロテスクなシーンもあるが笑えるシーンもあり中弛みがない。
 ただ、笑いを取るシーンは監督が本当に笑いを取ろうとしているのか、それとも単なる悪ふざけなのか、その境が分からない。尻とかで笑いを取るのはふざけてるとしか思えない・・・。あと、アイスクリーム屋の女性との関係をもっと鮮明にしないと分かり難い。ハリウッド映画のパロディとかもあったらしいが、どの部分が何の映画のパロディなのか不明で、元ネタが分からない分笑えない。
 グロテスクさを我慢できれば悪くはないだろう。アクション好きでも好みが分かれそうな作品。
画像


   <キャッチコピー>
ありえねー。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Mr. & Mrs. スミス ['05 米]

2006/05/13 10:34
【原題】Mr. and Mrs. Smith
【監督】ダグ・リーマン
【出演】ブラッド・ピット
     アンジェリーナ・ジョリー
     ヴィンス・ヴォーン

画像

 せっかくピットとジョリーという豪華な顔触れを揃えたのに勿体ない印象。2人が敵対している組織に所属・・・と言われてもその組織が良く分からないので説得力なし。最後にどちらかが死んでしまうとかならまだ良いのだが、如何せん誰も死なないし、どんなに喧嘩しても結局は”愛してる”で片付けてしまう。その為に家の中で繰り広げられる夫婦同士の銃撃戦も唯の過激な喧嘩にしか見えず、組織がどうこうのは関係ない。大体序盤で「最後は協力して立ち向かうんだろうなぁ」と想像できてしまう。
 お互い組織のボスなども全く顔を出さないので、立ち向かうと言っても今襲って来てるのはどちらの組織だ!?とか思ってしまう。敵対してると言う事は、2つの組織が同時に襲って来るのは難しいし、スミス夫妻を狙うなら相手の組織ごと狙った方が辻褄が合う気もする。でもそんな凄い銃撃戦も見られない。
 ラストの夫妻協力の銃撃戦は何だったんだろう。これって何をどうすれば組織に夫妻が勝ったって事になるんだ!?。まぁ壮絶な夫婦喧嘩の作品と考えれば良い出来だったと思う。
画像


   <キャッチコピー>
一瞬で恋に落ちた、ふたり お互い、その正体は秘密。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「アクション・コメディ」ブログ

Poyonの映画批評 アクション・コメディのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる