イブラヒムおじさんとコーランの花たち ['03 仏]

【原題】Monsieur Ibrahim et les Fleurs du Coran
【監督】フランソワ・デュペイロン
【出演】オマー・シャリフ
     ピエール・ブーランジェ
     ジルベール・メルキ

画像

 雑貨店の店主のイブラヒムと近くに住むユダヤ系の少年モモ。モモの境遇は同情しそうなぐらいに可哀想で、母は蒸発し同居する父は可愛がってくれず、父は会社を解雇されて最後は飛び込み自殺。そんな可哀想な境遇だからこそイブラヒム小父さんの優しさが巧く表現されている。モモはイブラヒムの店で万引きを繰り返していたけど小父は見て見ぬ振り。ほんの数分だけだったが、近くに映画?の収録に来る女優役がフランスの名優・イザベル・アジャーニでした。ちょこちょこ笑える場面もありそんなに悲しい話にはなっていない。
 新車を買ったのは良いけどイブラヒムは免許を持って無くて自動車教習所に通うも標識の意味が全然覚えられなかったり・・・。それでもギリギリで免許交付になるので見ているこちらがドキドキする。しかも通る道は標識なんか無いに等しい。
 終盤ではモモとのドライブ旅行になり、トルコの風景が楽しめるようになる。ギリシャなども通るが景色は一切出て来ない。時折流れる60年代の名曲の数々も良い雰囲気を醸し出している(たまに合わない時もあるけど)。
 でも終盤もちょっと切ない。何となく何かが起こりそうな雰囲気はあった。”コーラン”って街か何かの名前だと思ったら、宗教的な本のタイトルでした。
 でも付近に娼婦の居る家は嫌だなぁ・・・。フランスでは実在するのか?。
画像


   <キャッチコピー>
笑ってごらん ほら、人生は素晴らしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック