スカイハイ [劇場版]('03)

【監督】北村龍平
【出演】釈由美子
     大沢たかお
     谷原章介

 ドラマ版の方は深夜に放送されていたので1度も観た事がないが、ドラマ版を観なくても美奈がまだ怨みの門の門番・イズコになっていない所から始まるので初見でも大丈夫な作り。事故死や殺された人はこの怨みの門に通されて3つの選択肢から1つを選ぶそうで、逆に殺人者や自殺者は問答無用で地獄行きらしい。殺人者は分かるが何故自殺者も地獄行きなのかが納得できないけど。3つの選択肢を選ぶ猶予は12日。この間は現世に自由に帰り自分の居ない世界を満喫でき、勿論一般人には自分の姿は見えない・・・。
 連続して起こる殺人事件。犯人は必ず心臓を抉って取り出す手口。美奈がこの犯人に殺害され復讐を誓う耕平と、殺人者は地獄行きなので、幽霊となってでも耕平の復讐を止めたい美奈。でも幽霊役が近くにいる中で見えないように演じるって言うのは難しいだろうなぁ・・・。
 耕平と一緒に行動するカメラマンは事前に事故を写真で撮ってしまうらしく、飛行機に腕が映ったと思えば飛行機が墜落し、同僚の小百合に映った怨念の籠もった手形と顔で殺される事を示唆。何だか『リング』以上のホラーが入ってたけど・・・。
 犯人は工藤と言う男。女性秘書と何時も一緒で秘書は死者でも斬れる刀を持ち幽霊も観る事が可能。呪文の書かれたこの刀で死者が斬られると魂がなくなり存在その物が消え地獄さえも行けない。被害者5人は全員過去に怨みの門門番だった経緯有り。と言う事は全員1度は殺されて生まれ変わってるって事なのか!?。工藤は殺人の度に霊力を高めていて戦わせても滅法強い。6つの心臓を集める事で怨みの門から怪物を出す事が出来るらしい。『陰陽師』が若干入っている・・・。
 ソードアクションに関しては北村龍平監督の得意ジャンルなだけあって中々の迫力。特に終盤の女性祈祷師vs秘書、イズコとなった美奈vs工藤の対決は見どころ。耕平も敢えて撃たれて怨みの門に美奈を助けに行くも直ぐに現世に帰ってきました。シンデレラの逆バージョンですか?(人工呼吸してたら息を吹き返す)。
 しかしどう考えても心臓が取り出されているのに、心臓も被害者も動いてるって事が理解出来ん・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック