浮草 ['59]

【監督】小津安二郎
【出演】中村鴈治郎
     京マチ子
     若尾文子

 駒十郎とすみ子、この2人の関係が何なのかが分かり難い。同じ劇団員なのは分かるけど夫婦?恋人?…。駒十郎は清と言う青年に出会って、青年は駒十郎を小父として慕ってるけど、実は駒十郎の息子。でも駒十郎は言えずに居る。でもすみ子は自分以外の誰かと会うことに何故か嫉妬。例え相手が男でも嫉妬する。
 駒十郎は典型的な頑固親父タイプで、自分がした事は一切悪いとは思わず、相手が自分と同じ事をすれば怒ると言うある意味自分勝手。この自分勝手振りが結構観ていて腹が立つ。
 台詞は同じ事を2回以上言う繰り返し台詞が多い。その為か本音を言う時も躊躇う人ばかりでそれもイライラする。
 すみ子は駒十郎と清を放す為に、同じ劇団員の若手・加代を清に近付けさせる。加代も最初はすみ子に頼まれただけの付き合いだったけど、やがて清に恋愛感情を抱くように。でも駒十郎は加代が清に出会っている所を目撃して憤慨。駒十郎自身もすみ子に隠れて他の女性に会っていた癖に怒る。
 中盤以降はずっと駒十郎とすみ子は険悪状態で出会えば喧嘩ばかり。何時もすみ子の言う事の方が一理あったりする。興行も日が経つごとに客の入りは減るばかり。
 清にも駒十郎が実父である事を明かすけど、最終的には劇団員解散。更に盗難事件まで発生し微妙に後味の残る終わり方・・・。駒十郎とすみ子は又仲良くはなったけど・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック