新・ウィークエンド ['78 加]

【原題】Rituals
【監督】ピーター・カーター
【出演】ハル・ホルブルック
     ローレンス・デイン
     ロビン・ガンメル

 5人の医師が人里離れた山中に6日間のキャンプをする。その為に結構多く山の景色が映る。でも6日間のキャンプの中で何をするのかは不明。一応水上飛行機が空から危険などを監視してるらしいが、危険があったからと言っても飛行機には着陸できる場所も決まってるし、通信機も持ってないし、飛行機には操縦士しか乗ってないので正直全く意味なし。そしてキャンプする5人に徐々に近付く怪しい影。息遣いが猛獣のようだったけど・・・。
 そんな中で医師たち全員分のブーツがなくなり、1人の男が20キロ離れたダムへ誰かが居るだろうと行き、仲違いが起きるなど仲間同士の不信感が募るようになる。
 1日経つのが早く、さっき起きたと思えばもう直ぐに夜になってたりする。何者かが故意的に蜂の大群を放ち1人が転落死。その後も川の中に罠が仕掛けられたりして次々に死んでいくのだが、全部が全部事故死に見せかけてる感じで、怪しい人影自ら手を下す事をしない。
 この怪しい影が猛獣などの怪物ではなく、数年前に人体実験の実験台にされて逃げ出した元兵士だと判明するも、その実験シーンの回想などがある訳ではないので終始「誰!?」な状態。最後の最後でこの今までの一連の事件の犯人が顔を現すが、やっぱり「あんた、誰?」と思うしかない。ここは元兵士が過去にどんな事をされて、5人の医師たちに何をされたのかの説明が欲しい。そうしないと何故5人の医師たちを狙ったのか説得力に欠ける。
 でも医師たちもこの山にキャンプに行かなければ殺される事はなかったって事なのか!?。しかも山にも色々あるはずだし・・・事件その物もかなり偶然的?。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック