Poyonの映画批評

アクセスカウンタ

zoom RSS U.S.シールズ ['99 米]

<<   作成日時 : 2006/10/08 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【原題】U.S. Seals
【監督】ヨッシー・ウェイン
【出演】ジム・フィッツパトリック
     グレッグ・コリンズ
     ケネス・キャンベル

画像

 B級アクションと言うのはどれもタイトルが似ていてややこしい。さて今回は連続する貨物船襲撃事件。最初に襲撃された貨物船が”横浜”を出航していたりとか、襲撃したテロリストの仲間が”クボタ電気”の倉庫に潜んでいる・・・とか日本の地名や日系企業が登場するのでちょっと親近感。
 シールズが最初に襲撃するのが今は稼働してないはずの油田。銃撃戦に関しては迫力がある。油田の襲撃でテロリスト首謀の弟が殺され復讐の為に主人公の妻が爆死するのだが、弟をやったのは主人公ではない。なのに何故妻なのか。しかもこの時点ではまだ爆弾を仕掛けた人などの黒幕が判明していない状態。その人の家をどのように割り当てたのかも不明。
 シールズの中に金髪の男なども居るので裏切り者でも出るのではないかと思ったがそんな事もなく、シールズでの絆を踏まえながらの普通のアクションだった(金髪は悪役だろうとも思うが)。捕らえられても僅か2人なのに大人数の軍隊にやられなかったり、何だか知らぬ内に要塞を突き止めていたり・・・。
 戦車で逃げる首領を戦車で追っていたが何時の間に車内から逃げたのか。終盤では軍隊とシールズの銃撃戦で占められている。シールズも最後は人数が一気に増えていたが、軍隊も一体何処から来てるのかと疑問に思うぐらいに増える増える。
 これだけ銃撃戦をしておきながら何故最後の対決は格闘なんだ?。ただ、爽快感があって中弛みもない所は評価できる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U.S.シールズ ['99 米] Poyonの映画批評/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる